大城海産物加工所の「沖縄アンチョビ」

沖縄アンチョビ

沖縄の青い海で育った新鮮なミズンがおいしいオイル漬けになりました。

沖縄の近海魚である「ミズン(イワシの仲間)」を使用したアンチョビです。原料は地元のセリから直接仕入れ、鮮度の高いまま加工・製造しています。イワシとミズンの味の違いを比べてください。従来の外国産のアンチョビと比べ、臭みが少なく使いやすい沖縄のアンチョビです。

ミズンとは?

沖縄近海で獲れる「ミズン」はイワシの仲間の小魚で、沖縄方言で「ミジュン」と呼ばれ、

唐揚げや南蛮漬け、新鮮なうちは刺身でも美味しい地元に親しまれてきたお魚です。

イワシと同じニシン科です。

こだわりその1

  • こだわりその1

    沖縄近海で獲れた新鮮なミズンを県内で鮮度を落とさず加工!
    沖縄の透き通る海から獲れた新鮮なミズンを地元のセリから直接仕入れ鮮度を落とさず加工しております。
  • こだわりその2

    オイル漬けすることで魚の旨みを凝縮することに成功!
    25年間積み上げた海産加工の技術で短時間の加工で味の濃い旨みが凝縮された商品に仕上げました。
  • こだわりその3

    熟練のスタッフが短時間で丁寧な下処理を施しました!
    小さな魚で小骨の多いミズンを熟練スタッフが丁寧に小骨処理・塩蔵・オイル漬致しました。

料理のレパートリーが広がる美味しいアンチョビとの出会い!前菜やパスタに使用する定番の使い方以外に、濃い旨味を最大限に引き出す「お茶漬け」やお酒の肴など幅広くご利用頂けます。

  • サラダ
    体に良いサラダも毎日だとワンパターンになりがちですがアンチョビでカンタン変身!ドレッシングに混ぜてもgood!
    ドレッシングとの相性抜群!
    アンチョビサラダ
  • お茶漬け
    あっさりとしたお茶漬けに沖縄アンチョビのしっかりとした濃い味がピッタリ。卵に少し混ぜたり、和食のワンポイントにも!
    これが結構合うんです!
    アンチョビお茶漬け
  • パスタ
    友達との気軽なホームパーティにプラス一品塩味がアクセントになって、本場のパスタも短時間で用意できます!
    いつものパスタに旨みをちょい足し♪
    アンチョビパスタ
  • パン&ピザ
    いつものランチパンにトッピングするだけでオリーブと潮の香で、ワインが進む♪急な来客にも冷凍ピザをお手軽本格ピザに!
    チーズと相性◎女子会などに♪
    アンチョビパン&ピザ

誕生物語

沖縄の大衆魚として親しまれてきた「ミズン」。時期になると沖縄近海に接近し大量に水揚げされます。新鮮なうちは刺身でも美味しいミズンですが、小さい魚で小骨が多いためあまり市場に出回らず、多くはマグロ漁の餌として利用されていました。

そこで大城海産物では、美味しいのだけど処理が面倒で敬遠されてきたミズンを使って商品を開発できないかと考えていたところ取引先からのアドバイスもあり沖縄で獲れるミズンを使った「アンチョビ」を製造することに至りました。

原料のミズンは地元の漁師から直接仕入れ、鮮度の高いまま丁寧に小骨処理し、二十五年積み上げた海産加工の技術を生かし、短時間の加工で味の濃い旨みがぎゅっと凝縮された商品に仕上げました。

沖縄県産の「沖縄アンチョビ」がこうして誕生致しました。

商品詳細

沖縄アンチョビ(沖縄県産)

価格
700円(+消費税 56円)
原材料名
ミズン(沖縄県産)、植物油、エキストラバージンオリーブオイル、食塩、酢、ローズマリー、とうがらし
内容量
43g
保存方法

常温にて保存

※開栓後要冷蔵。

※賞味期限にかかわらずお早めにお召し上がりください。

沖縄アンチョビ商品画像

■2015年・沖縄県特産品フェアにて奨励賞を受賞!
沖縄の青い海で育った新鮮なミズンがおいしいオイル漬けになりました。イワシとミズンの味の違いを比べてください。臭みが少なく使いやすい沖縄のアンチョビです。

沖縄アンチョビ 業務用(沖縄県産)

価格
5,000円(+消費税 400円)
原材料名
ミズン(沖縄県産)、植物油、エキストラバージンオリーブオイル、食塩、酢、ローズマリー、とうがらし
内容量
280g
保存方法

常温にて保存

※開栓後要冷蔵。

※賞味期限にかかわらずお早めにお召し上がりください。

沖縄アンチョビ(業務用)商品画像
▲ ページトップに戻る